兵庫県支部・研修会など報告

日本樹木医兵庫県支部会員の技術向上を目指します

令和4年10月30日 広報活動

221030fest1

丹波篠山市で開催された「ひょうご里山フェスタ2022」に兵庫県支部として出展しました。

ひょうご里山フェスタは、“森林は県民共通の財産である”との理解のもと、本県では、公的関与による森林管理の徹底や「里山林の再生」などを「新ひょうごの森づくり」として平成14年度から独自に展開してきました。そのような中、スギ・ヒノキ人工林については、対策が充実する一方で、農村の過疎化や高齢化等により里山林を管理する担い手が一層と減少しつつあり、里山林をいかに維持管理して行くかが、森づくりにおける課題として顕在化しつつあります。
そこで、県民が里山への理解を深めるとともに、里山を守り育てる意識醸成の場として位置づけ、「ひょうご森のまつり」から「ひょうご里山フェスタ」に名称を改めて開催をしています。

開 催 日:令和4年10月30日(日)9時30分~15時00分
場   所:兵庫県立丹波並木道中央公園(丹波篠山市西古佐地区)
テ ー マ:森よ 緑よ ふるさとよ ~豊かな里山 未来への継承~
コ ー ナ:樹木医の活動紹介「樹木医は木のお医者さん」
参加樹木医:兵庫県支部 7名

【展示内容】
 ・樹木診断、治療器具展示
 ・樹木医関連専門図書の展示・販売
 ・樹木腐朽菌、粘菌の標本展示
 ・クビアカツヤカミキリの説明コーナー

【その他】
 来場いただいた方々からは樹木などに関する様々な相談を受けました。

来年の開催市町は姫路市です。


令和4年8月6日 天然記念物保全管理2種盛り研修

220806kensyu1

開催日 :令和4年8月6日
講演内容:令和4年度 兵庫県支部夏季研修会
 天然記念物保全管理2種盛研修会
 ・国天「野間の大ケヤキ」樹勢回復解説
 ・市天「国崎エドヒガン群落」保全管理解説
 ・北摂里山博物館と「川西市指定天然記念物」解説
講 師 :下記に詳細
場 所 :下記に詳細
参加者 :14名(後半12名)
 天気が危ぶまれましたが予定通り無事開催しました。
9:20 国指定天然記念物「野間の大ケヤキ」前に集合し、
9:30~10:45 中島末二樹木医から現地にて保全状況の説明
「国崎クリーンセンター 啓発施設ゆめほたる に移動後、
11:00~12:15 川西市指定天然記念物 「国崎エドヒガン群落」を森脇由佳樹木医による現地案内
昼食後
13:00~14:00 中島末二樹木医から 国天「野間の大ケヤキ」保全活動の経緯解説
14:00~14:30 伊達 から 北摂里山博物館と「川西市指定天然記念物」解説
14:30~15:00 森脇由佳樹木医から 市天「国崎エドヒガン群落」保全活動状況解説
があった。
各プログラムごとに活発な質疑応答もあり、有意義な研修となった。

樹木医CPD対象

令和4年5月22日 総会記念講演

220520_kouen2

開催日 :令和4年5月22日 14:30~16:30
講演内容:樹木とシロアリ(総会記念講演)
講 師 :日本樹木医会福岡県支部 沖濱宗彦 樹木医
場 所 :明石商工会議所 大ホール
参加者 :28名
 イエシロアリとヤマトシロアリの生態及び駆除法について、実例を示していただきながら講演していただきました。
樹木医CPD対象

また、5月22日(11:00~12:00)には、
明石公園こども広場にて、兵庫県支部、宗實久義 樹木医指導による
クビアカツヤカミキリ防除ネットの点検と補修 の研修を行いました。
 ・ネット内の胴吹きの処理と防止パッチ設置
 ・止めテープ、針、棕櫚縄点検補修
 ・ネットの破損個所補修等について指導いただきました。

令和4年2月20日 活動 千年フジの剪定

220202_kensyu

開催日 :令和4年2月20日
 ヘリテージマネージャー研修、樹木医研修
場 所 :大歳神社(宍粟市山崎町上寺)
指 導 :樹木医 安田邦男氏
参加者 :鳥越 茂、安田邦男、鶴田 誠、竹見一洋 樹木医
内 容 :フジの冬季剪定
目 的 :千年フジの剪定を実施
本研修は平成26年より継続して実施しています。
今回は兵庫県支部の安田邦男樹木医が講師となり実施しました。
作業前、約20人の参加者に集まってもらい、作業方法を説明しました。これまではフジの蔓が上に伸びていたので、上を向いた蔓は短く剪定する作業をお願いしてきました。この作業が徹底し藤の花は棚から下に伸びるようになってきました。しかし、蕾が少なくなっていると感じられたので、今回は花芽を出来るだけ残して剪定することにし、参加者に目的と方法を説明して剪定にかかりました。
この作業は午前中でほぼおわり、午後からは樹木医3名で、蔓を棚に沿わせる作業を行いました。全体から見ると1/4程度しか出来ませんでしたが、今後ともこの作業を続け棚から垂れ下がった沢山の長い花を見ることが出来るようにしたいと思います。
報告:鳥越

令和3年11月30日 秋季研修

211120_photo1

開催日 :令和3年11月30日(月)
研修内容:内尾神社のスギ追跡調査報告会(
指導・講師:枡岡望 樹木医・山田祐二 樹木医・鳥越茂 樹木医
場 所 :丹波市氷上町三原13 内尾神社・氷上町上 新庄 かどのの郷
参加者 :14名
○テーマ:平成 8 年度の内尾神社スギ治療と追跡調査結果(見学と実習)
枡岡望樹木医により 内尾神社の“神前のスギ ”(市指定天然記念物 について平成 8 年に樹勢回復工事を行った当時の状況と今回の追跡調査結果について現地で解説。続いて“かどのの郷” 会議室に会場を移し施工当時の写真と今回の調査結果を対比させパワーポンとで説明。 施工時、腐朽部を削り取るとき形成層を丁寧に残すことの重要性を解説した 。
○テーマ:樹木活動におけるドローンの活用
山田祐二樹木医によりドローンを飛ばして“神前のスギ” を上空から撮影し、新たな調査法の可能性について解説。引き続き“かどのの郷”でドローンの映像をズームに送り現場に行くことなく関係者間で 協議可能なことを解説。今後の樹木診断と活用範囲について説明した。
○テーマ:皆で一緒に樹木診断
鳥越茂 樹木医により令和 2 年度から3年度にかけて行った樹木診断 6 事例について結果と現在の状況をパワーポイントで解説し、問題点と課題について参加者全員で討議した。

» 続きを読む